軽量

体脂肪の量(somatic fat volume)に変化が見られないのに、体重が飲み食いや排尿などにより一時的に増減する際、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage)は低下し、体重が減少すると体脂肪率が高くなるのです。
グラスファイバー製のギプスは、大変丈夫で軽量でとても持ちが良く、濡らしても使用できるという特長があるので、現在の日本のギプスの定番と言われています。
脂漏性皮膚炎というものは皮脂分泌の異常が要因で出現する湿疹で、皮脂分泌が乱れる誘因としてはアンドロゲンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンのバランスの乱れ、ナイアシンなどビタミンBコンプレックスの慢性的な枯渇などが挙げられます。
悪性腫瘍である女性の卵巣がんは、普通なら人の身体をガンにさせない作用を持つ物質を作出するための金型である遺伝子が異常をきたすことで罹患してしまうと言われています。
ピリドキシンには、アミノ酸(Amino acid)をクレブス回路と呼ばれるエネルギー源を活用するために必要となる回路へ取り込ませるために一層クラッキングすることを促進するという作用もあります。
常在細菌のブドウ球菌(staphylococcus…staphylo-はラテン語で「ブドウの房」という意味)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、毒素がきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…aureusは「黄金色」の意)と一方は毒素のあまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種が存在するのです。
高齢化が原因の耳の聞こえにくさは段階を経て聴力が低下していきますが、通常60歳過ぎまでは聴力の悪さをあまり自覚できないのです。
塩分と脂肪分の摂り過ぎをやめて自分に合った運動に励み、ストレスの多すぎない生活を意識することが狭心症の素因である動脈硬化を予め防止するコツなのです。
触れ合うことで、入居者さんが犬のことをとても愛おしいと思う時にホルモンのオキトキシンが分泌されれば、ストレスを緩和したりヒーリングに結びつきます。
もしも婦人科の検査でやはりエストロゲン・ゲスターゲンの分泌量が少なくて早発閉経(early menopause)と分かった場合、不足している女性ホルモンを補う処置で改善が望めます。
「常に時間に追われている」「面倒ないろんな付き合いが嫌でしょうがない」「先端テクノロジーや情報のハイレベルな進化に付いていくことで精一杯」など、ストレスを受けてしまう要因は十人十色です。
基礎代謝量(kcal)というのは睡眠中ではなく目覚めている状態で命を維持する(心臓の鼓動、口や鼻からの呼吸、腎臓の様々な働き、体温や筋緊張の維持等)のに欠かせない最も小さいエネルギー消費量のことを言います。
むねやけが主訴の逆流性食道炎は、食事内容が欧米化したことに加えて受動喫煙・アルコール・体重過多等の生活習慣の質が低下したこと、ストレスに縁って、現在日本人に多い疾患だということができます。
「肝機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの値によって確認することができますが、ここ2、3年肝機能が衰退している人の数が徐々に増加傾向にあるということが分かっています。
ハーバード大学医学校の調査データによると、通常のコーヒーと比較して1日2杯以上デカフェのコーヒーで代用すると、直腸癌の発症する確率を約半分も減少させることができたらしい。