素朴な日本みたいな物を感じました。

平地がほとんど利用出来ないという事で、サツマイモを保存する料理や魚介類を活用した独自の郷土料理が伝わっています。

また、在来種の馬が存在していたり、独自の建築様式が残っていたりします。

本州の馬は明治以降に在外種と配合して体格が良くなり、建築も西洋方式を取り入れました。

対馬からはそういった西洋の影響を受けない、素朴な日本みたいな物を感じました。

特殊の後半、7世紀の白村江の戦い以降に朝鮮半島からの襲撃に備えて作った石垣や韓国が見える展望台に向かいました。

のどかな島の映像が流れましたが、教科書に載っていた通り最前線だという事を実感させる映像です。

勝村は「僕は関東の人間だけど。防人って東日本の人間が国防の為に来たんでしょ。そう思うと色々考える。」

と言っていました。
これは旅番組なので、今現在起きている、入植韓国人との問題は取材していません。

しかしながら、テレ朝の番組で政治的な話をせずに対馬とは何かを30分で的確にまとめたのも凄いし、ただ旅行を楽しむだけでなく、遠回しに深いコメントを残した勝村政信は良い仕事をしたと思います。