神経インパルス

子どもの耳管の特徴は、大人の耳管と比較すると幅が広く短い形状で、かつ水平に近いため、様々なばい菌が進入しやすくなっているのです。子どもがよく急性中耳炎に罹るのは、これが関わっています。
高熱が出る季節性インフルエンザを予防するワクチンでは、今日までの研究の結果、予防接種の効果を望めるのは、注射の2週間後からおよそ5カ月ほどだろうということが判明しました。
鍼を皮膚に刺してもらう、という物的な幾多の刺激が、神経細胞の活動を促し、神経インパルスという通称のいわば電気信号の伝達を発起させるという見解が広まっています。
アルコール、薬、科学的に合成された食品添加物などの物質を酵素により分解して無毒化する働きのことを解毒(げどく)と言い、肝臓の大切な職務の一つなのです。
食事の際は、食べ物を気軽に口に入れたら何度か噛んで飲み下すだけだが、その後も体は実にまめに活動し続けて食物を身体に取り入れるよう励んでいる。
自動車事故や建築現場での転落など、著しく強い力が体にかかった場合は、複数の個所に骨折が発生してしまったり、複雑骨折となったり、酷い時は内臓が破損してしまうこともあり得ます。
ただの捻挫と自己判断し、冷湿布を貼って包帯やテーピングで患部を適当に固定し、様子を窺うよりも、応急処置してから迅速に整形外科で診てもらうことが、早く根治させる近道だといえるのです。
高血圧(hypertension)の状態が長期間継続すると、全身の血管に大きな負荷がかかった結果、体中の色んな血管にトラブルが起こって、合併症を誘引する公算が拡大するのです。
脳内のセロトニン神経は、自律神経のバランスの調節や痛みを防御し、分泌物質の覚醒などをコントロールしていて、単極性気分障害(うつ病)の患者は機能が低下していることが広く知られるようになった。
塩分や脂肪分の大量摂取を中止して適切な運動に励むだけでなく、ストレスを蓄積しすぎないような毎日を意識することが狭心症を誘引する動脈硬化を予め防ぐ方法なのです。
黴菌やウィルスなど病気を誘引する微生物(病原体)が肺の中へ進入して感染してしまい、肺全体が炎症反応を見せている有様を「肺炎」と断定しています。
不整脈である期外収縮の場合、特に病気ではなくても症状が出ることがあるためさほど難しい心臓疾患とはいえませんが、発作が数回に渡って相次いで出る場合は楽観視できません。
流感、即ちインフルエンザに適応した効果的な予防策や病院での手当を含めたベーシックな措置自体は、季節性インフルエンザでも新型のインフルエンザでもほとんど変わりません。
ハーバード医大(HMS)の調べによると、通常のコーヒーと比較して毎日2〜3カップのデカフェコーヒーで代用すると、直腸ガン発症リスクを0.52減らせたということが明らかになっている。
V.B6は、かの有名なアミノ酸をクエン酸回路と呼ばれるエネルギー源の利用に必要となる重要な回路にいれるため、もっと分解させるのをサポートする働きもあると言われています。