問題は運用。

女性に対する抑圧が古代ユダヤ教、古代ユダヤ人からの悪習の影響で、イスラム教は女性を抑圧しないという論を弄する擁護派も居ますが、

だったらなぜ現在のイスラム教において、今は不倶戴天の敵でもあるユダヤ教の因習を後生大事に守っているのか。ユダヤ教に発する因襲と分かっているなら即座に廃絶すべきでしょうに。
現代イスラエルや現代のユダヤ人社会において、女性に対する極端な抑圧はハシディーム派に少し残っているかな?的レベルです。それでもハシディーム派の女性が医者にかかることを許されないなんて事象は発生していません。

イスラム教の教義は平和的であるという言も、じゃあ実際に911をやった犯人が飛行機ごとあのビルに突っ込んで何千人もの無辜の人間を殺した瞬間に叫んだ言葉は何だったか。
羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦ですか?Ave María, grátia plena,Dóminus tecumですか?Shema Yisraelですか?
違うでしょう、まず間違いなくアッラーフアクバル!でしょう。
語るに堕ちるとはこのことです。

教義なんかどうでもいいんですよ。

問題は運用。

その運用面において「非常に暴力的である」「女性に対する極端な抑圧をシステムとして行っている」にも関わらずイスラム教の擁護者はそれを全く無視して「平和な宗教だ」「女性を尊重している」と言う。

そんな詭弁が文明社会で通用するとでも?