割合

鍼灸のはりを体に刺す、という直接的な多数の刺激は、神経細胞を興奮させて、神経インパルスという通称の謂わば電気信号伝達を引き起こすのではないかと考えられているのです。
植物中に存在する化学物質、フィトケミカルのひとつのスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれる有機硫黄化合物が、肝臓の持っている解毒酵素の順調な創造活動を支えているかもしれないという事実関係が判明してきました。
現在、若年層で長期間咳が続く結核の力を保有しない人々の割合が高くなったことや、自己判断のせいで受診が遅れることが主因の集団・院内感染が増加しているようです。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者しか感じないという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血流のように本人以外の人にも高品質なマイクロホンを利用すると感じられるという特徴を持った「他覚的耳鳴り」とがあるのです。
世界保健機関は、人体に有害なUV-A波の著しい浴び過ぎはお肌に健康障害を引き起こす恐れがあるとして、18歳以下の若い人が肌を黒くする日焼けサロンを使う行為の禁止を広く世界各国に求めている最中です。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は20代〜30代の比較的若い男の人に多い傾向があり、大抵の場合は股間部だけに広がり、身体を動かしたり、入浴後のように体が熱くなった時に強烈な掻痒感をもたらします。
常在細菌の一種であるブドウ球菌(スタフィロコッカス)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、毒素の強力な黄色ブドウ球菌(オウショクブドウキュウキン)と一方は毒があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci)の2つに分けることができるのです。
暗い場所では光量が不足するので物が見づらくなりますが、更に瞳孔が開いてしまうため、眼球のピントを合わせるのに多くの力が必要になってしまい、明るい場所でものを見るより疲れるのが早くなるのです。
耳鼻咽喉科の領域の花粉症とは、山の杉や檜などの決まった時期に飛散する花粉が原因となり、くしゃみ・皮膚のかゆみ・微熱・鼻詰まり・鼻水などのアレルギーを呈する病気として広く認識されています。
塩分や脂肪分の摂取過多を中止して運動に励み、ストレスの多すぎないような暮らしを続けることが狭心症を招く動脈硬化を未然に防止する知恵なのです。
UV-Bは、UV-Aに比べて波長が短いという性質があるので大気中に存在するオゾン層で一部分が吸収されますが、地表まで達したUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のデオキシリボ核酸を損壊するなど、肌に良くない影響を与えます。
アメリカやEU圏では、新しく開発された薬の特許が満了してから4週間後、製薬市場の約8割が後発医薬品に取って代わるクスリもある位、ジェネリック医薬品(後発医薬品)は地球上に採用されているのです。
ハーバード大学医学校(HMS)の研究によると、毎日2カップ以上のデカフェコーヒーを代用すれば、なんと直腸癌の罹患リスクを5割も減少させることができたらしい。
流感、即ちインフルエンザに対応する予防対策や医師による処置等ベーシックな措置自体は、それが季節性のインフルエンザでも新たに発見された新型インフルエンザでもほぼ変わりません。
悪性腫瘍の一種である卵巣がんは、普通なら人体を癌から保護する役割を持つ物質を産出するための金型のような遺伝子の異常が引き金となり罹患する病気です。