信頼を得られるのか?

関ヶ原の小早川秀秋のようなものだ。自民党・小泉進次郎衆院議員は「党を除名された方を支援す ることも、支援を受けることもよく分からない。

応援する大義はない」*1というがまさしく正論である。
政策の優劣云々以前にこんな男が都民の信頼を得られるのか?とは思うが、永久脱毛 新宿しかし、知名度は候補者の中でもピカイチであり、自民公明の支持も大き い。小泉元首相が全面的支援をする細川元首相による番狂わせが無い限り、おそらく当選候補の本命とされていることであろう。
そもそも猪瀬都知事の後を引き 継ぐ以上、金銭問題で総理の座を降りた細川元首相では圧倒的に不利なのだ。頼りは『脱原発』支持層と小泉元首相の政治力のみであるが、これもどこまで選挙 に影響を及ぼすかはまだ未知数である。 ただネット上では本命はなんと田母神俊雄氏であるという声も散見できる。
舛添氏、細川氏、宇都宮氏という候補者をレッテル張りするなら「サヨク」 「左派」であり、一方で田母神氏は唯一の「保守」であることから支持が広がっているというのである。田母神氏は防災をその政策の主張に挙げている。