ピント

薄暗い所では光量が足りなくてものが見えにくくなりますが、更に瞳孔が開くので、目のピントを合わせるのに余分な力が使われ、日の差す場所でモノを眺めるより疲れるのが早くなるのです。
チェルノブイリ原発の爆発事故の長期間に及ぶ追跡調査のデータからは、大人に比べると体の小さい未成年のほうが広まった放射能の良くない影響をより受容しやすいことを痛感します。
鍼灸用のハリを体に刺す、というフィジカルな程よい刺激が、神経細胞を活性化して、神経インパルスと言われている要するに電気信号伝達をもたらすと言われています。
外から観察しただけでは折ったのかどうか判別できない場合は、負傷してしまった地点の骨を少しだけ触れてみてください。もしその位置に激しい痛みが走れば骨が折れているかもしれないので、すぐ整形外科を受診しましょう。
耳鳴りには性質の異なる2種類が存在し、本人しか聞こえないと言われる「自覚的耳鳴り」と、血流の音のように当事者だけでなく他の人にも性能の良いマイクロホンなどを利用すると感じることのできると言われている「他覚的耳鳴り」とがあり、対処法が変わります。
体を動かすのに必要なエネルギー源として瞬時に働く糖質、細胞の生まれ変わりに欠かせないタンパク質など、厳しいダイエットではこういった様々な活動をキープするために絶対必要な栄養素までも欠乏させている。
乳児が受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、長きに渡って採用されてきた生ワクチンに代わる新しい手段として、平成24年9月から原則無料の定期接種になることによって、小児科などの医療機関で個々に接種するスケジュール管理の必要な個別接種という扱いに変更されました。
現代の病院のオペ室には、洗面所や器械室(apparatus room )、準備室(preparation room)を設け、手術中にレントゲン撮影できるX線装置を置くか、近辺にレントゲン用の専門室を作るのが常識となっている。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体内の脂肪の付いている%のことであって、「体脂肪率(percent of body fat)=体脂肪量(somatic fat volume、kg)÷体重(body weight)×100」というシンプルな数式で確認できます。
環状紅斑とは何かというと輪状、要は円い形状をした紅っぽい発疹や鱗屑(りんせつ)など、皮ふ症状の総合的な病名であり、病因は本当にいろいろだといえるでしょう。
30才から39才の間に更年期になるとしたら、医学用語では「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病のことを指します(この国の場合は40歳以下の比較的若い女性が閉経することを「早期閉経」と定義しています)。
5-HT神経は、自律神経のバランスの調整や痛みの防御、様々な器官の覚醒などをコントロールしていて、気分障害(鬱病)の患者ではその働きが鈍いことが科学的に証明されている。
流感とも呼ばれるインフルエンザの予防術や医師による手当も含めた必然的な対策自体は、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでも一緒なのです。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎とは、最もよくある中耳炎で比較的幼い子供によく発症します。強い耳痛や38度以上の高熱、真っ赤な鼓膜の腫れ、膿が出てくる耳漏などのありとあらゆる症状が発生するのです。
脚気(beriberi)の症状は、四肢がしびれたり脚の著しい浮腫などがよく訴えられ、進行すると、最も重症の場合、呼吸困難に陥る心不全ももたらすことがあるそうです。