ストレス

「あまりにも多忙だ」「うっとうしいお付き合いが苦手」「先端技術や情報の高度な進化になかなか付いていけない」など、ストレスが溜まってしまう主因はみんな違います。
胃食道逆流症(GERD)の一種である逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えてタバコを飲む事・酒類・肥満症などの生活習慣が乱れたこと、ストレスなどに縁り、現在日本人に増えつつある疾患だということができます。
チェルノブイリ原発事故に関する数十年に及ぶ追跡調査の結果によると、大人よりも子供のほうが放出された放射能の悪い影響をより受容しやすいことがわかっているのです。
年齢を重ねることが原因の難聴ではじわじわと聴力が低くなるものの、多くの場合は60歳を超えてからでないと聴力の衰退をしっかりと自認できないのです。
細菌の感染によって起こる急性中耳炎は、一番多い中耳炎で小さな子供に起こりやすい病気です。猛烈な耳痛や熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(みみだれ)などが起こるのです。
不整脈の中でも期外収縮は、健康でも出ることがあるため緊急の心臓病でないとはいえ、発作が幾度も相次いで起こるケースは危ないといえます。
植物栄養素とも呼ばれるフィトケミカルの一つであるスルフォラファンというブロッコリーに含まれる物質が、肝臓が分泌する解毒酵素自体の製造活動を助けているのではないかという因果関係が明らかになりました。
食中毒を起こすことで有名なブドウ球菌(葡萄球菌、staphylococcus)はパープルに染色されるグラム陽性球菌で、大別すると毒力の極めてきつい黄色ブドウ球菌(おうしょくぶどうきゅうきん、staphylococcus aureus)と一方は毒が強くはないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2種があるのです。
グラスファイバーで作製されたギプスは、非常に強靭で軽量な上に耐久性があり、濡らしてしまっても壊れずに使用できるという長所があるため、今のギプスの定番でしょう。
食事中は、食べる物をなんとなく口へ入れて数十回噛んで後は飲み込むだけだが、その後体はまことに健気に働いて食物を人体に取り込む努力を続けているのだ。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を保有した精液や血液、腟分泌液、母乳、唾液などの様々な体液が、交渉相手や看病する人などの粘膜部分や傷口等に触れれば、HIV感染の危険性があるのです。
体脂肪量にさして変動がなく、体重が食物の摂取や排尿などによって短時間で増減するようなケースでは、体重が増加した人は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は低くなり、体重が減少したら体脂肪率が上昇するのです。
インキンタムシ(陰金田虫)は20〜30代の男性多い傾向があって、大抵の場合は股間の辺りにのみ広がり、激しく身体を動かしたり、お風呂から上がった後など体が熱くなると猛烈な痒みを招きます。
環状紅斑とは環状、要はまるい形状をした赤っぽい湿疹など皮ふ疾患の総合的な病名であって、理由は非常に様々なのです。
インフルエンザ(流行性感冒)に対応している予防策や処置というようなベーシックな措置自体は、それが例え季節性のインフルエンザであっても未知なる新型のインフルエンザでもほぼ変わらないのです。